通販の決済をクレジットカードにしました

私はこれまで通販の決済を現金でしていました。ですがクレジットカードを発行したので、通販の決済もクレジットカードでするようにしたのです。

現金決済の時は、いちいちコンビニや金融機関にいって支払う手間がかかり、それを回避しようと代引きにすれば、手数料がかかってしまっていました。

しかしクレジットカードで決済するようになってからは、支払いに行く手間もなくなり、手数料が取られる事も無くなりました。更にポイントも付くようになり、通販をクレジットカードで決済をするようになってからは、便利さとお得の両方を手に入れる事が出来たのです。

貯金がないけれどもお金が必要なときに個人的にやっている事

浪費癖のある私には貯金がないけれどもお金が必要になるというようなことは多々あるわけですが、そんな時に個人的になぜかやってしまうのがパチンコ・パチスロなどといったギャンブルです。

普通に考えればこうした時に一番やってはいけない事だと思いますし、我ながら本当に馬鹿馬鹿しいのですが、私の場合はこういう時に限って無性にギャンブルがしたくなるのです。

昔はこんなバカげたことをする事はありませんでしたが、あることをきっかけにこういうことをするようになりました。
そのきっかけとは過去にも似たように貯金がないにもかかわらずお金が必要だというような状況があり、そんなときに手持ちのお金をかけてパチンコをやろうと思った時です。

そんな少ないお金をかけてあたりが来るはずがないと半分思いつつやっていたのですが、運が良いことに大勝ちしたのです。
普通にパチンコを打つような状況ならばまだしも、追い込まれた状況で大逆転を飾ったこともあってか、その分だけまたものすごくうれしく思いました。

この特別なラッキーというか嬉しさを感じたことがきっかけで、お金がない時にあえてギャンブルをしてしまう癖がついてしまったのです。
仮想の物語にでも出てきそうな、その状況であえてパチンコ・パチスロをできる勇気のある自分・一回それで当てることに成功した「何かをもっている自分」にでも酔っているのでしょう。

もちろんこんな夢物語が一度ならず二度も起こるわけがありません。
当然お金を増やすどころか借金をしてしまった事もあります。

今のところは一応クレジットカードのキャッシング枠の限度額内で収まっていますが、この一線を越えてしまったらどうなるのだろうかと思います。
普通の感覚であればこんなことは起こりえないでしょうが、私の場合は十分に考えられるので情けないですがこの先も正直恐ろしいです。

私が今すぐお金がほしいと思う時

私はしょっちゅうお金がほしいと思っています。

私は趣味がパチンコなので毎月決めた金額だけ使うようにしています。

パチンコはいくらお金があっても足りないくらい大好きなのですが、私の給料はあまり多くないので毎月使えるお金は多くありません。

ですので決めた金額を使い終えてしまうとそこから給料が入るまで毎日お金がほしいと思ってしまいます。

キャッシングをしてまではパチンコをしようとは思わないのでどうにかなっていますが、つい自制心が弱い時は借りても良いんじゃないかと思ってしまうこともあります。

他にもお金がほしいと思う時は欲しいと思ったパソコンやテレビを見つけた時です。

今年に入ってからは新しいパソコンを買うために半年パチンコに行かずに貯金をして買いました。

スペックもそこそこ良い物を買えたのでとても満足していますが、買ったパソコンよりも良い性能の物を見るとほしくなってしまいます。

お金はいくらあっても足りないなと思います。

こどもの教育費の出費が増えます

我が家では子供が二人いて、今年から長女が幼稚園に入ります。
私は今のところ専業主婦です。夫の勤務体系が不規則なので、とりあえず節約を心がけています。
次女が再来年幼稚園に入り、ダブルで幼稚園に通うようになったらパートを始める予定です。
自分が働けない時期は一生のうちで今だけかなと割り切っています。
我が家では私立幼稚園しかない地域なので月謝が高いので、家計がぎりぎりになります。
そこで、今年一年で保険の見直しや、毎月の生活の家計簿を細かく付けるようになり、お金の出入りを
しっかりとチェックするようにしました。
ちなみに11月ごろから受験料や制服代など入園前の準備だけでもかなりの出費でした。
ボーナスや子供手あてがあったので、それを使って何とかやりくりしましたが、
今後の生活の仕方で、貯金があまりできなくなるので、心配です。
一応今までの貯金があるので、借りることはなくても済むかなと思いますが。
万一の時は両親に借金かなと思います。

どうしてもネイリストになりたくて

大学卒業し、私はネイリストになるべくネイル専門学校に通いました。その時、初めて親から100万円を借金しました。

大学まで出してもらって、なぜネイリストの勉強を、と親には言われましたが当時の私はカリスマネイリストになる夢に燃えていてお金を必ず返すから学費を貸してください!と頼みました。

専門学校の入学費用は100万円で、それ以外にも自分の使う道具の費用が同じくらいかかります。母親は、私の熱心な説得に折れ学費の100万円を貸してくれました。

無事にスクールに入学した私は猛烈に練習しました。そのおかげか割と成績も優秀で検定1級も一発で受かり、すぐ就職先も決まりました。

働きながらそのお金は返していきました。全部返し終えたときに、親から「ここまで根性があるとは思わなかったよ」と言われました。

あの時に親がお金を貸してくれたおかげで夢を叶えることができました。

出産費用の支払い総額30万円を借りる

出産費用の支払いで、困ったのは、長女を出産する時です。
出産の為病院に入院する時30万円かかると言われて、お金が無くてじぶの父親に必ず返すから 出産費用の30万円を貸して下さい。と頼みました。
すると嫌な顔一つせず 30万円で、良いのかと聞くと 3日後にお金を持って来てくれました。
母親には、内緒で自分の貯金から下ろして持って来てくれたのです。
あの時は、とてもありがたく思いました。

返そうと思ってたのですが、その3年後に他界して返せませんでした。

父は生前 とても堅い人で、私にジュースの一本も買ってくれた事が、ない人でした。
しかし 孫が生まれたのを境に孫には、色々買ってくれました。
人間って変わるもんだなあ。
と つくづく思ったものです。

出産には、当然お金が、かかるので出産費用がないのは困りますが、大きいお腹で思うように働けず お金も生活するので、精一杯でしたから お金が、ありませんでした。
父にお金を貸して貰えなかったらどうしてたでしょう。
きっとローンを組んでたかもしれません。

コンビニのATMをよく利用しています

コンビニに行く時は、たいてい銀行のお金を下ろす時です。コンビニ内にあるATMは、かなりよく利用しています。我が家は、給与振込で利用している口座の銀行は、勤め先の会社が指定した銀行になっています。その銀行が自宅の近くにはないため、自宅付近のコンビニのATMでお金をおろすようにしているのです。

手数料については、全く気にしていません。その銀行独自のサービスで、口座の残高によってポイントが加算されるサービスがあるからです。コンビニのATMからお金を下ろす時には、そのポイントを手数料に充当することが出来ます。そのため、我が家の場合は、これまでコンビニのATMでお金をおろしたときにかかった手数料は、実質ゼロ円です。

あとはファックスやコピーなども利用します。ファックスは自宅にないので、必要なときに利用し、コピーは家庭用プリンターの用紙サイズよりも大きいものをコピーしなくてはならない時にコンビニでコピーをします。24時間あいているととても便利で助かります。

トイレが近いのを気にして水を飲むようにしたら改善

私は、長年ずっとお茶ばかりを飲んできました。若い頃だと炭酸飲料なども飲んでいたのですが、今だと口にする機会もほぼありません。
そんな私もお茶ばかり飲んでいて一つ悩みがありました。それは、トイレの回数が凄く増えたことです。色々な種類のお茶を口にしていたのですが、その中に利尿作用の影響でトイレの回数が増える物も沢山ありました。

お酒も飲めず、コーヒーなども飲むほどにのどの渇きを感じていたので何か別の飲み物を探していました。そんな時に飲み始めたのがミネラルウォーターでした。

今までとくに意識して購入したこともなく、好んで買う機会も少なかったのですが、水の飲み始めてからすぐに変化がありました。多い日で一日10回以上あったトイレの回数が平均3回ほどに落ち着いたのです。ここまで差があると思ってなかったのでビックリしました。

飲んでいて喉の渇きをさらに感じさせることもなく、実際に口にする量もお茶と比べると少なくなったと思います。今では、冷蔵庫以外にもダンボールで水を確保して、何かの時に備えて準備してあります。人間に一番合うのは、やっぱり水なのかもしれませんね。

水のサーバー ・・・我が家は水のサーバーをレンタルで借りて、水だけでなくお湯もサーバーから出しています。

銀行の自動車ローン

銀行のローンというのは、実に多くの商品があります。
住宅ローンもあれば、自動車ローンもあります。
トラベルローンや医療ローン、リフォームローンといったローン商品を取り揃えている銀行もあります。
その中でも、自動車ローンというのは銀行ならではの特徴があります。
まず、自動車ローンの対象になるのは新車がほとんどということです。
中古車ではいけません。
それはなぜかというと、担保にあります。
自動車ローンという銀行ローンは、保証人こそ必要ありませんが、担保は必要となります。
とはいえ、決して住宅を担保に設定する必要はなく、購入する車を担保に入れればよいのです。
担保として車を設定する場合には、担保価値がしっかりとしていなければなりません。
担保価値に応じてお金を貸し出すわけですから。
新車であれば、どんなものであれほぼ価値は一律となっております。

しかし、中古車の場合にはそれこそ担保価値は千差万別です。
大きく価値の下がる車種もあれば、逆に上がってしまうような車種も時折あります。

万が一自動車ローンが返済できないとなれば、購入した新車を銀行に担保として取られてしまいます。
もちろん、銀行の審査があることは言うまでもありません。

でも銀行のローンは総量規制対象外です。

総量規制対象外のローン ・・・ 消費者金融や信販会社は総量規制というルールができましたが銀行のローンは大丈夫!